イベント

11/22(金)初日舞台挨拶レポート

11月22日(金)に、遂に迎えた公開初日を祝して初日舞台挨拶を開催いたしました!

日本の冬の風物詩”忠臣蔵”の公開初日を祝うように、一気に本格的な寒さが到来したこの日、朝いちばんの上映回から満席となった会場に、堤真一さん、岡村隆史さん、濱田岳さん、横山裕さん、石原さとみさん、橋本良亮さん、寺脇康文さん、中村義洋監督が登壇。堤さんが「今年の頭に寒い寒い京都で撮影をして、ようやくこの日を迎えられました」と感無量の面持ちで挨拶、岡村さんは「どうも、ムービースター岡村隆史です。1月の寒いなかで撮影をして、無事に撮り直すこともなく!公開を迎えられて、本当に、本当に嬉しく思います。撮影裏話もいろいろお話できると思うので楽しんでいって下さい!」とコメントしさっそく会場を大いに沸かせました。

上映終了直後ということで、登壇者それぞれが「一番印象に残っているシーン」について話が及び、堤さんが「理玖(演:竹内結子)が山科へ行くことになるシーンで、岡村くんの『カゴ使うたらええのに』ってボヤくセリフが好きです」と話すと、嬉しそうに「僕も好きです!監督に、こう言ってくれ、と指示いただいた通りです」と応える岡村さん。しかし監督から「いや、あそこ岡村さんセリフ変えてましたよね?台本だと『使ったらいいのに』となっていて、関西だったら『つこうたらええのに』ですよ、って」と指摘が入ると、他には誰も自分からセリフを変えたキャストがおらず「僕は変えてません」「さすがだなー岡村さん」「やっぱりムービースターですね」と総ツッコミを食らう事態に、岡村さんは「あ…はい、そうですね、思い出しました、そこだけです唯一の若干の口答えは…!」とタジタジ。

濱田さんが「裏話になっちゃうんですが、横山さん演じる不破がワーっと切りかかるシーンで、勘定方の役の小松(利昌)さんが、そろばん侍のくせに何故か刀抜いて切り込みに行ったんですよ。横山さんを抜いてまで!」と暴露すると、横山さんも「覚えてます!監督めっちゃ怒ってた!(笑)」と大笑い。その横山さんは「池に落ちたところ。めっちゃくちゃ寒くて、雪も降っていて、スタッフさんがあったかいお湯を用意してくださってるとのことで向かったら熱すぎて全然入れなくて…大変でした」と冬の京都での撮影の苦労を振り返ると、石原さんが「わたしは横山さんが最初に出てくるシーン、(刀を振り回しながら)シャッシャッて。かっこいいなと思いました」と明かし、橋本さんからも「僕も横山くんの殺陣のシーンです!13~4年ぶりに横山くんの殺陣を見られて、凄いカッコよかった」と続けられ、「これは、普通に嬉しいやつですね!ありがとうございます!」と照れ隠しする横山さんに対し、岡村さんがボソっと「あのカッコつけたやつね」とつぶやいて反撃するなど、現場のチームワークを感じさせるやりとりの連続に笑いに包まれる会場。

さらに令和元年も残り約1か月ということで、作品タイトルにちなみ「今年中に決算したいこと」を発表することに。
トップバッターで話を振られた濱田さんが焦りつつ「そうですね、本当に僕ないかも…。十分すぎる1年でした!」とまとめると、横山さんも考えながら「僕も、決算しました!グループもそうです、心機一転いま頑張っております!」と力を込めてコメント。そして岡村さんはここでも「私は、契約問題ですね!エージェント契約なのか、専属なのか、それとも今まで通りか。どのくらい加藤浩次が得したのか損したのか。マネージャーとも話しましたが保留にしてます。副社長も今日この会場に手ぶらで来てますね」と次々に切り込み会場は爆笑の渦に。

寺脇さんが「岸谷五朗さんと昼からよく飲むんですけど、この1年に昼いくら飲んだのか計算したい。50万くらいいくかな…」、橋本さんが「甥っ子に新しく出たポケモンのゲームを買ってあげたい」、そして堤さんも「この作品の宣伝で、今までにないくらい沢山バラエティ番組に出させて頂いて、緊張もするんでマネージャーにちょっと飲み物を買ってきてもらうんですが、そのお金を全然払えてない。ちゃんと返したい」とリアルなお金のエピソードを続々披露したり、中村監督は「まさにこの作品です。毎回ディズニー作品と同じ公開日で、もう何とかしてほしい(笑)」と大作を連続して手掛ける監督ならではの悩みを吐露。そして石原さんの「お酒をよくいただくので、家でその断捨離として友だちとみんなで飲んでパーティーするんです。冷蔵庫の残り物もそこでおつまみにして。年末にやりたい」との希望に、登壇者全員が「行きたい!」と手を挙げるなど大盛り上がり!

最後には、赤穂の名産品といえば塩!ということで、本編中でも重要なカギを握る赤穂の天塩をふんだんに使った特大サイズの鯛の塩釜開きを実施。登壇者全員が木づちを手に、「せーの!」と勢いよく叩いて見事に鯛の塩釜が割り開かれると会場からも大きな拍手!華々しく盛大な初日舞台挨拶となりました。