レンアイ漫画家 第6話(5月13日)ドラマ感想や考察ネタバレ!評価口コミはつまらない?見逃し配信無料視聴方法も

こちらの記事では、ドラマ「レンアイ漫画」を視聴した方の

  • ドラマ「レンアイ漫画家」第6話のあらすじ
  • ドラマ「レンアイ漫画家」第6話の感想考察や今後のストーリー予想
  • ドラマ「レンアイ漫画家」第6話はおもしろかった?つまらなかった?などの声
  • ドラマ「レンアイ漫画家」のラスト結末予想考察
  • ドラマ「レンアイ漫画家」第6話ネタバレ

など生の声をご紹介します。

ネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方は気を付けてくださいね♪

では、いってみましょー!

\こちらの感想を読んで視聴したくなった方へ/

結論!このドラマの見逃し配信はFODプレミアムがおすすめ!

配信サービス 配信状況 無料期間・月額

fod
FOD PREMIUM


見放題 0円

2週間無料

※初回31日間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

目次

ドラマ「レンアイ漫画家」第6話(5月13日)公式サイトの「あらすじ」ストーリーや予告動画

まず公式サイトで紹介されている第6話の「あらすじ」を紹介するよ!

ドラマ「レンアイ漫画家」第6話(5月13日)の公式あらすじストーリー

刈部清一郎(鈴木亮平)は、久遠あいこ(吉岡里帆)を慰めるためにハグしたのだが、その瞬間を思い出しては困惑していた。二階堂藤悟(眞栄田郷敦)の店では、あいこもついハグの瞬間を思い浮かべていた。そのハグを目撃してしまった二階堂と伊藤由奈(小西桜子)もなんだか複雑な思いに…。一方、レン(岩田琉聖)は父の遺品にあった女子高生の絵を清一郎に見せる。レンは清一郎が描いた女子高生があいこではないかと思ったのだ。しかし、清一郎は否定する。あいこが店を出ようとすると、由奈が体調を崩す。あいこは心配する二階堂の様子で二人の関係に気づいた。そして、自分が店番をするので由奈を病院に連れて行くよう二階堂を促す。店に戻った二階堂は、由奈が2,3日の入院が必要と診断されたので、その間、店の手伝いをして欲しいとあいこに頼む。あいこから話を聞いたレンは夕食を一緒に食べられないと寂しがるが、清一郎は…。『銀天』の最新ネームにハグ・シーンが描かれているのを見て、そのリアルさに、実際にあいことハグしたのではないかと疑っていた向後達也(片岡愛之助)。二階堂の店を尋ねると、そこに早瀬剛(竜星涼)や金條可憐(木南晴夏)もやってきた。早瀬と可憐がいつの間にか繋がっていると知り、焦る向後。そんなおり、出前の注文が入り、あいこが出ることに。珈琲一杯という奇妙な注文。なんとそれは清一郎からで…。

https://www.fujitv.co.jp/renaimangaka/story/story06.html

ドラマ「レンアイ漫画家」第6話(5月13日)のYouTube予告動画

ドラマ考察「レンアイ漫画家」第6話の感想やストーリー予想やネタバレ!評価は面白い?つまらない?

では早速ドラマ「レンアイ漫画」第6話を視聴した方の感想や今後のストーリー予想、ネタバレ情報をご紹介します!

放送後、ドラマ「レンアイ漫画」第6話の感想考察を追記します。

こちらでは、おさらいで、第5話の感想やネタバレ考察をご紹介します。

第5話のおさらい:感想・考察ネタバレ 鈴木亮平と吉岡里帆の恋人ごっこにキュンキュンが止まらない!?

20代 女性

ドラマ、レンアイ漫画家の第5話を視聴した感想ですが、なんと言っても吉岡里帆さん鈴木亮平さんの掛け合いが最高です。お二人とも表情豊かでどんどんとテンポ良く物語が進んでいきます。これまでは、1話完結のような感じで進んでいましたが、この回から物語がこれまで以上に動きだします。今回の疑似恋愛の対象はなんと、鈴木亮平さん演じる苅部清一郎です。最初はあいことの疑似恋愛を断固拒否していた苅部さんですが、向後さんに諭され疑似恋愛を始めます。最初はぎこちない感じでしたが、銀天に出てくるキャラクターを演じることで、これまでの苅部さんでは見られない苅部さんが見られます。表情が柔らかで常に笑顔。とてもレアでかわいかったです。また、子役の岩田琉聖さんも重要な役を演じています。彼の演技も見ものです。とても子役とは思えない自然な演技で、このレンアイ漫画家というドラマにアクセントを加えてくれています。今回こそ出番が少なかったですが、落ち着きがあり、敬語で話していますが、あいこと苅部さんの間で板挟みにされて困った表情なども見所の一つで、彼の演技にも注目です。これからどのようにこの物語が進んでいくのかますます楽しみになりました。

20代 女性

恋愛漫画家第五話では、初めて登場した、アイコの姉の観月ありささんのキャラが面白かったのと、異母兄弟であるアイコの事を気にかけているのがよく分かり、ほんわかした気持ちになりました。
姉を心配させないようにカリベと付き合っている芝居をする二人のギクシャクした所も面白かったですが、、散歩した歩道橋で、アイコを抱きしめる、カリベの優しさにキュンキュンしました。又、自転車にぶつかりそうになるアイコの腕を引き寄せるシーンにも、二人のキュンキュンが止まりません。
漫画家であるカリベを尊敬しているのはもちろんですが、対等に言い合いをする二人は、すでに恋人ですね。
又、カリベが描いた女子高校生の絵から、カリベの初恋の人が、アイコだったという事実が今回わかってしまい、その事をアイコがどう受け止めるのか?
アイコが自分がカリベを好きだという事に気が付く事が出来るのか?
カリベの亡くなった弟に5回も告白して付き合ったアイコの事を知っている兄のカリベは、アイコを好きだと告白する事が出来るのかが、これからの二人の恋愛のカギになると思います。
アイコの姉が、「人生の相方って見つけるものじゃなく、一緒に居るうちになっているもの」と発言がありましたが、アイコと、カリベがその意味が分かり二人が結ばれて欲しいです。

40代女性

清一郎の家にあいこの姉のるりこがやって来るという、レンアイ漫画家第5話での波乱な展開にワクワクしてしまいます。
そして、向後の提案により今回清一郎とあいこがるりこの前でカップルの振りをするのですが、呼び方からお互いの好きなところなど、予行演習している2人のやり取りがかなり面白くて必見です。
特に清一郎の不器用さが印象的で、あいこに上から目線で突っ込まれている部分が見ていて笑ってしまうぐらいです。
またその夜、酔ったるりこが清一郎とあいこにデートに行ってきなさいと無理矢理家を追い出された2人がお散歩してる時に、あいこからるり子との話を聞き感謝された清一郎が思わずあいこを抱きしめてしまうのですが、ハグの練習だと誤魔化した清一郎がかなりカッコ良くて、キュンキュンしてしまいます。
一方、あいこもいきなり抱きしめられてビックリしていたけど、どこか嬉しい表情を浮かべていたのでやっぱり嬉しかったのかなぁっと見ていて感じてしまいます。
翌日、るりこが帰る時にあいこにカップルの振りをしていたことを知っていたと暴露した時、あいこに甘えられる人が出来て良かったと言ったのですが、確かに人って恋人同士でも夫婦でも中々甘えたりするのが難しいので、そんな人に出会えたことがある意味幸せなんだなぁっと思ってしまいます。
あと、レンが持っていた紙に描かれていた女性が学生時代のあいこなら、清一郎はあの時からあいこが好きだったのかなぁっと妄想してしまいます。

30代 女性

レンアイ漫画家第5話の感想は、鈴木亮平さん演じる刈部さんと吉岡里帆さん演じるあいこの関係に変化が現れてきたなと感じました。刈部さんの漫画のネタ作りのために、疑似恋愛をしてきたあいこですが、今回は刈部さん本人と恋人のフリをする展開が今までとまた違った面白さがありました。
二人のいつもの掛け合いも良かったですが、恋人同士に見えるように頑張って練習するシーンも微笑ましかったです。刈部さんが普段絶対言わないようなセリフがたくさん聞けたり、あいこのにこにこした可愛い表情をいつもより多く見れたような気がします。
あいこのお姉さん役として観月ありささんが登場したのも嬉しかったです。あいことは違うタイプだけど、妹思いで優しいところが好感が持てました!今回だけの登場なのかもしれないですが、また登場してほしいなと思いました。
刈部さんとあいこの関係が変わってきたなと思ったシーンは、刈部がハグの練習だと言って自身からあいこを抱きしめるところです。絶対しないだろうと思っていた行動だったので、予想外でドキドキしました!あいこにとっても今までと違い、甘えられる相手なんだろうなと思わせるシーンでした。
ラストでは、また次回も気になる!と思わせるシーンが出てきて、絶対次回も見ようと思いました。
これから二人の関係がどうなっていくのか、他のキャストがどう関わってくるのかも楽しみです!

20代 女性

レンアイ漫画家 第5話ではあいこの姉・るり子役で観月ありさが登場。あまり似ていない姉妹と思ったら父親違いと分かり納得です。再婚相手のあいこの母親は早く亡くなってしまったため、あいこにとって姉でもあり母でもある存在となったるり子。

結婚しても夫が早く亡くなっていて、苦労しているけれどそれを感じさせない明るさがあるしっかり者の姉を素敵に演じてくれました。

しかしいくつになっても変わらぬ美貌で、画面は一挙に華やぎました。

それとは別に、あいこが数日前から感じていた気配はなんと早瀬だったと分かりビックリ。

あいこのミッションをほぼ知っているストーカー状態に仕事は大丈夫か?と心配になります。今回は刈部自身が恋愛ミッションに参加で、練習中はどうなるのかと思う嫌がり方でしたが、あいこを自然に抱きしめてしまったりと彼が随分あいこに心を開いているのが分かりました。

その証拠に仕事部屋にもあいこを入れるのですから、以前の刈部からは考えられない受け入れ方です。

恋人の振りを見抜いていたるり子は刈部に、あいこを甘えさせてくれてありがとう、そんな人は初めてだと言いましたが、甘え上手そうなあいこが気を許せる人はいなかったのか。

レンが持ってきた絵が本当にあいこを描いたものなら、刈部が恋愛をしない理由はそこにあるのかもしれません。

二人の間には実は因縁がずっと続いていたのでしょうか。まだまだ意外な真実が分かりそうでワクワクさせられます。

第6話の感想やネタバレ考察:評価は面白い?つまらない?

30代 女性

行きつけのカフェの店員が腹痛で入院することになり、アシスタントの仕事も暇なことからお店を手伝うことになったあいこが気になるのか、カフェにコーヒーの宅配を頼む清一郎がかわいかったです。

そして、あいこが清一郎と抱き合っているのを目撃してから、急にあいこのことが気になりだしたカフェのオーナーや、最初に擬似恋愛の相手になった男性など、本人は気づかないけどモテモテのあいこに、入院中のカフェ店員が、あいこさんはスキがある!と釘を刺すところに、女は怖いなと思いました。

何より、狩部まりあが女性だと神事でやまないレンくんのお友達の叔母さんが、理由をつけては家に上がり込み、トイレに行きたいと嘘をついて清一郎の仕事部屋に入るところは、やりすぎかなと思ってしまいました。

そして、子供だから仕方ないとはいえ、まりあが男性だということがバレてしまった清一郎の気持ちを考えると、この先どういう展開になっていくのか、不安でもあり楽しみでもあります。

そして、お酒が飲めない清一郎が
無理して飲んで寝てしまったり、その寝顔を見てかわいいと呟いてしまうあいこに、いよいよお互いを異性として意識しだしたのか!とワクワクが止まりません!

20代 女性

レンアイ漫画家13話は今まで以上にキュンとするシーンが多かったです!

いつも通り漫画のネタのため、あいこさんを演じる吉岡里帆さんが誰かと恋愛するのかなと思っていましたが、今回のキュンは刈部役の鈴木亮平さんの目つきや態度でした。

あいこさん役の吉岡里帆さんが行きつけのカフェでアルバイトをすることになり、帰りが遅いことを気にして時計をみる姿や、そのカフェに電話をしてデリバリーを頼む姿、夜ご飯のデリバリーが吉岡里帆さん演じるあいこさんではなく、カフェ店員の二階堂藤悟でがっかりしている姿などとても見ていてキュンとしました。

キュン以外にもレンくんとの関係や3人で食べるごはんの姿など元の刈部さんとは想像がつかないくらい変わってきており、今後の展開がとても気になります。

最後、顔がまだ見えてないのですが、女性からの電話(レン君のママ?)があり、その人が刈部さんの好きな人なのか、刈部さんがレンアイをしなくなった理由の人なのか、写真の人なのか・・・とても気になります。

またあいこさんはこの過去の話に出てくるのか、好きだった人なのか、今後の展開がイマイチまだ読み切れないところも、このドラマの面白いところだなと思っています。来週が楽しみです。美男美女で見ごたえ抜群。

20代 女性

レンアイ漫画家 第6話を視聴した感想ですが、兎に角にやにやが止まらなかったです!!

鈴木亮平さんが演じる刈部清一郎が回を重ねるごとに、気持ちが分かりやすくなってきており、人間味が増してきました。

その様子がとても可愛らしくて、甥っ子と一緒に暮らしていることもあってか、家族という温かみさえ感じられるようになってきて人間の成長を感じられるストーリーが本当に心温まります。

そんななかで、吉岡里帆さんが演じる久遠あいこに対する不思議な気持ちにも気付き始めている…?のか、久遠あいこも含めて二人の様子がにやにやが止まらないくらいに若々しくて面白いです。

なんだかんだ言いながらも二人がどんどんお似合いになってきて、漫画の役を通さなくてももっと二人が急接近してほしいなって思うくらいです。

特に、前回のラストシーンにあった二人のハグシーンを、お互いが回想して、「違う違う!気の迷い!」ってお互いが気持ちを誤魔化そうとしているところが面白いです。早く自分の気持ちに正直になって、良い関係に発展すればなと見ていて応援したくなってしまいます。

そして、刈部清一郎の昔のことも気になる展開で、あのラストシーンの電話はなんだったのでしょうか…。

せっかく近くなりつつある二人の関係を邪魔しないでほしいなと、謎の女性の存在に気がとられ、早く次も見たいです。

30代 女性

キャッキャとした金城可憐にピッタリの木南晴夏。自身も漫画家なのに『銀天』愛が強すぎるオタクなキャラクターを好演しています。

でもついに刈部の正体に気づいてしまったようで…。

更にネームを持ち帰ってしまい今後大ごとにならないかと先が気になる『レンアイ漫画家』6話。

しかしお父さん譲りなのか女の子に弱いレン。麻央にねだられ刈部家の敷地に入れてしまうのですから将来が心配になります。

麻央役・星乃あんながすごい美少女なので無理もないのですが。

今話ではあいこと二階堂の距離がぐっと近づき、刈部を含めた三角関係発生?いや由奈もいるので四角関係か?と新たな展開の予感です。

しかし入院中の由奈をあまり心配している様子がない二階堂はちょっと冷たいのでは?あいこが手伝いにきてくれたのが嬉しすぎてあいこしか見えないのかもしれませんが…。

由奈を演じる小西桜子は思いつめたような表情がうまい。

ドラマ『猫』で見せたはかなげで可憐なみねことは趣が代わりぐっと女らしい姿を見せています。

クールなようで「心配なのはあいこさん。邪魔をしないでください」とはっきり言う気の強さがあり驚きました。

しかもあいこには「隙がある」と言い当てたところにもビックリ。

今後案外怖い女なのが見えてくるかも。

レンの母親と刈部にどんな過去があったのか。激高した刈部に重い出来事が予想され興味津々です。

40代女性

レンアイ漫画家第6話を見ての感想です。

とうとう苅部(鈴木亮平)とあいこ(吉岡里帆)の気持ちが少しずつ動き出したのかなと感じました。

お互いキュンと感じたり嫉妬してしまったり可愛いと感じたり・・・。

苅部はぶっきらぼうだし優しさも滲み出てるわけでもないし冷たそうだけど、抱きしめてくれたり、転びそうになった時に助けてくれたりやっぱり男性の魅力的な部分があるなと思いました。

外に出ないのにいつ鍛えたんだ?と思う鍛えられた体も素敵でした。笑

あいこは頼まれたら断れない性格で人情が厚いし可愛い女性だと思うけど二階堂(眞栄田郷敦)の行動は意味が分からないと思いました。

同じ店で働いている彼女(らしき人?)がいるのになぜあいこに構うのか、苅部に喧嘩を売ったり。苅部の言う通りやり方が汚いのは二階堂の方だと思います。

苅部は二階堂に彼女がいるのを知っているのかわかりませんが。


そして毎回毎回思うのが、レンくん(岩田琉聖)が可愛過ぎる。

「我慢禁止!」にちょっと照れながら「寂しい」なんてキュンキュンします。レンくんが苅部に怒られてしゅんとなると見てるこちらも悲しくなります。笑

レンくんはお母さんのこと何も知らないみたいだし、過去に何があったのか全て知っているのは苅部だけのようなので7話がすごく気になります。
レンくんのお母さん現れて三角関係になるのかなぁ・・・次回に期待です。

ドラマ「レンアイ漫画家」の動画を公式見逃し配信で無料でフル視聴する方法

このドラマの見逃し配信はFODプレミアムがおすすめ!

 \公式サイトで無料視聴方法をチェックする/

ドラマ「レンアイ漫画家」の動画を公式見逃し配信で無料視聴できるのはFODプレミアムです。

現在、初回無料のお試しキャンペーンが実施されており、2週間無料でドラマの見逃し配信が体験できます。

 

本日から10月2日まで無料!

「レンアイ漫画家」を見るならFODプレミアムがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

FODプレミアムの特徴とサービス概要

  • フジテレビ作品が 5000本以上見放題
  • アニメや海外ドラマなど人気作品も独占配信
  • FODオリジナル作品
  • 新作映画もレンタル可
  • 130誌以上の雑誌も読み放題

現在FODで配信中の人気作品

 

登録方法などの詳細はこちらの記事へ!

あわせて読みたい
【公式見逃し配信動画】レンアイ漫画家を無料でフル視聴する方法!ドラマの再放送情報とキャスト一覧(鈴...
【公式見逃し配信動画】レンアイ漫画家を無料でフル視聴する方法!ドラマの再放送情報とキャスト一覧(鈴...この記事は、ドラマ「レンアイ漫画家」の【公式見逃し配信動画】作品名を無料でフル視聴する方法を紹介しています。ドラマの再放送情報とキャスト一覧もまとめています。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる