リコカツ 第4話(5月7日)ドラマ感想や考察ネタバレ!三石琴乃、圧巻の離婚宣言!ラストのフラグは何を意味するのか?見逃し配信無料視聴方法も

こちらの記事では、ドラマ「リコカツ」を視聴した方の

  • ドラマ「リコカツ」第4話のあらすじ
  • ドラマ「リコカツ」第4話の感想や今後のストーリー予想・考察
  • ドラマ「リコカツ」第4話はおもしろかった?つまらなかった?などの声
  • ドラマ「リコカツ」の結末予想
  • ドラマ「リコカツ」第4話ネタバレ

など生の声をご紹介します。

ネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方は気を付けてくださいね♪

では、いってみましょー!

\こちらの感想を読んで視聴したくなった方へ/

結論!このドラマの見逃し配信はParavi(パラビ)がおすすめ!

配信サービス 配信状況 無料期間・月額


Paravi


見放題 0円

2週間無料

※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

目次

ドラマ「リコカツ」第4話(5月7日)公式サイトの「あらすじ」ストーリーや予告動画

まず公式サイトで紹介されている第4話の「あらすじ」を紹介するよ!

ドラマ「リコカツ」第4話(5月7日)の公式あらすじストーリー

咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。紘一の実家の騒動を機に初めて気持ちが通じ合えた2人。夫婦仲良く帰宅すると、家にはなぜか咲の元カレである貴也(高橋光臣)がいた!

咲の母・美土里(三石琴乃)が、弁護士である貴也に自分の離婚を相談したのがきっかけだったが、貴也はそこが元カノ・咲の新居であり、その夫がスポーツジムで仲良くなった紘一だと知り、凍り付く。そして、この一件を機に再び咲と紘一の間に距離ができてしまう。

翌日、咲は異動になった文芸部に初めて出勤し、小説家・水無月連(白洲迅)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”だ。しかし、その言動は身勝手極まりないもので、異動して早々に仕事にも暗雲が立ち込めていた。

一方、紘一は紘一なりの思いで、咲との離婚を真剣に考え始めていた。そんな時、美土里が自分の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、知り合いに招待状を送っていた。そのパーティーで再び咲と紘一と貴也が顔を合わせ、そこにさらに紘一に思いを寄せる同僚の隊員・純(田辺桃子)もやって来て…。

ドラマ「リコカツ」第4話(5月7日)のYouTube予告動画

ドラマ考察「リコカツ」第4話(5月7日)の感想やストーリー予想やネタバレ!評価は面白い?つまらない?

では早速ドラマ「リコカツ」第4話を視聴した方の感想や今後のストーリー予想、ネタバレ考察情報をご紹介します!

放送後、ドラマ「リコカツ」第4話の感想考察を追記します。

こちらでは、おさらいで、第3話の感想やネタバレ考察をご紹介します。

第3話のおさらい:リコカツ感想・考察ネタバレ~咲(北川景子)は紘一の心の変化と、結婚の真意を知ります。

20代 女性

第三話は新婚旅行に行く展開とのことで予告があったので期待大。三話まで来て、紘一の独特のしゃべり口調にも慣れてきて、むしろ親しみを感じ、くすっと笑える重要なポイントになりつつあります。

今回は美土里の携帯着信音が逃げ恥のサントラだったり、紘一が同僚たちにもらった花首飾りにマムシドリンクがついていたりと、TBS逃げ恥の要素が盛り込まれていて平匡とみくりの新婚旅行を彷彿とさせる雰囲気。

心が結ばれていない二人が、微妙な距離感を保とうとするのにキュンとする瞬間もあって、ムズキュンを彷彿とさせました!2人抱き合うシーンではキスするのかな?と思うような空気感もあってドキドキさせられました。

その他、美土里がしゃべるとエヴァのパロディが流れたりちょっとした笑いも嬉しいポイントです。

武史が正と呑むという展開で、今後両親たちの離婚がどのように展開していくのかも気になります。

熟年離婚も増えたこんなご時世だからこそ、視聴者の注目はむしろ両親たちの離婚がどうなっていくのかが、リアルに響くポイントかもしれません。

薫が紘一と話すシーンでは、母親として頑張っている女性には心に響くセリフだったと思います。主役のお二人の演技力も申し分なく安心して観ていられます。今回の三話を見て最後まで視聴すると決めました!今後の展開も楽しみです。

20代 女性

リコカツ 第3話で、咲が紘一の心の変化と結婚の真意を知ります。
咲の母の美土里が家出し離婚すると言います。夫の武史が、浮気の証拠を握られたと、言ってはいけない事を言ったと美土里が言いますが、確かに武史が、美土里を見下した態度で、忍耐の限界を超えたようです。

しかし咲と紘一は自分らの離婚は美土里には、まだ言えません。

咲が出社すると、水無月が、自分は愛を信じていないと言いますが、実は咲に思いがあり、今後の騒動の予感がします。

一方、ジムで知り合った紘一に青山は彼女と4ケ月前に別れて、彼女が別の男とすぐに結婚したと言い、引き留めればよかったと言いますが、相手が咲だと紘一が知らないのが、笑えます。

すると、咲と紘一が新婚旅行で、泊まった旅館に薫が働いていたのは、驚きです。

紘一は、薫がずっと不幸せだったのかと言い、薫が我慢していたのも、自分がいたせいだと紘一が言いますが、薫は父が嫌いになったわけではなく、自立した自分に、けじめをつけたいと言います。

今は人から薫と呼ばれるのが嬉しいと言い、妻でも母でもない人間として生きたいと言う表情は、社会人として自立し、晴れ晴れとした姿に見えます。

紘一は納得できないと言いますが、薫がいい顔している、体に気を付けて頑張ってというと、薫はごめんなさいと言ったのは、息子に、それでも引け目を感じる母親の、気の毒な姿でした。

薫が子育て終わってリセットしたのだと言う咲の気持ちもわかります。
しかし、紘一が正に薫は戻らないと言い、薫が生き生きと働いているというと、正は笑止千万だ、今までの人生を否定された、連れて帰れと言います。

咲は紘一も苦しんで見守ろうと決めたと言うと、正は怒って帰れと言います。正は、薫に依存するしか考えられない硬直した人生観のようです。
咲は、正に責められる紘一を見ていられなかった、まだ妻だからと弁護したのは、薫が咲に伝えた言葉の魔力のようです。

結婚した理由も言わない紘一が勢いで結婚したと咲は不満のようでしたが、紘一が薫に、咲に、出会えてよかった、紘一が咲を救えたときに嬉しくて、咲を守る為に、この仕事をしたと薫に言ったので、紘一がなぜ、咲と結婚したのか真意を知ったのだと、理解しました。

紘一が咲をいきなり後ろからハグしたのは、口下手で、表現力の乏しい紘一なりの愛情表現です。

しかし帰宅すると、青山がいて、紘一を見て驚くのは三角関係のもつれになりそうです。

40代女性

リコカツ 第3話
紘一と咲の距離が少しずつ縮んで行くのが分かりますが、お互いに素直に自分の気持ちを言葉にできないもどかしさがいいです。

紘一は、咲のおかげで少しずつ性格が変わっていく姿がいいです。

瑛太さん演じる紘一は、真面目だけど一途な不器用さが素敵です。

北川景子さん演じる咲も、ハッキリとものを話しますが、自分の気持ちを素直に伝えられない可愛さがいいです。

二人の仲を邪魔するライバルや、親の離婚など問題が沢山多発していますが、ひとつひとつ2人は、乗り越えていき心が縮まっています。

結婚してから、お互いのことを知る恋人なようです。

なぜ、紘一は咲と結婚したのか?という理由も、紘一らしいこの人を守りたいと思ったから!ストレートなものでよかったです。

お互いに少しずつ理解し、距離が近くなり離婚をしないでもいいのかな?と、思うよな微妙な距離感がたまりません。

結婚してから、恋愛をスタートさせた学生のようなドキドキがあります。
しかし、元彼の出現や恋のライバル、後輩や同僚などに二人の仲を割かれそうになります。

でも、少しずつ乗り越えていき、言いたいことが言い合える理想的な夫婦になると思います。

まだまだ、これからの二人の結婚恋愛が楽しみです。

30代 女性

北川景子演じる咲と瑛太演じる紘一の新居に、咲の母が押しかけてきて、また離婚話をしそびれてしまいます。

またも離婚話をしそびれてしまうのです。紘一のカチカチの話し方、仕草と、咲のおしゃれな雰囲気のギャップがとてもおもしろいです。そんな二人が紘一の母を探しに温泉宿に出かけるが、周りには新婚旅行だと勘違いされながらでかけ、宿は、新婚を意識された風呂や布団にあたふたする姿も可愛らしいシーンでした。紘一が仲間から祝福され飲み会で、酔うシーンでは、紘一が酔うと鼻がなる癖があるようで、ずっと鼻がなりっぱなしでおもしろかったです。

毎回の紘一のルーティンの運動や掛け声もとてもおもしろい。

結局、両親とも離婚危機になっていて自分たちの離婚話が進まないけれど、そんな中、紘一の不器用だけど、誠実な人柄や誠実な愛し方がわかり感動する。ずっと専業主婦だった母が新しい道をみつけ、輝いているのを見て、父親に母を見守るという紘一は、やはり男らしく誠実だと感じる。

そんな紘一に対して、紘一の父ど咲の父は、自分本位で身勝手な姿に見える。今多いといわれる、熟年離婚の理由が良くわかるような気がする。

紘一も咲も愛情表現が不器用なので、すれ違いながらもお互いを少しずつ知っていくところが、また次回を見たいと思わせてくれる。

第4話の感想やネタバレ考察:修羅場の誕生パーティーで北川景子と永山瑛太の夫婦の行方はどうなる!?

30代 女性

第4話「リコカツ」では、三石琴乃さんの活躍があり、演技がとても良かったです。

美土里の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことになり、とても賑やかで良いパーティだと思いました。

美土里が本当に離婚したいという気持ちは伝わってきました。

誕生日パーティーの終わり際で、夫に対して離婚を強く主張していた場面には、びっくりさせられました。

2人は、もう戻ることができず、取り返しのつかない状況になってしまったと考えられました。

離婚は夫婦の問題だけではなく、家族を悲しませてしまう問題だと考えられました。

後戻りすることができなくならないように、夫婦でしっかりと話し合っていく時間は必要だと思いました。

本格的に離婚を考えていた紘一と咲が、最後のシーンで、紘一が咲に「離婚することをやめよう」と
熱意を持って伝えていたシーンが、とても印象に残りました。

紘一が妻の悲しむ顔を、もう見たくないと伝えていたシーンに感動しました。

夫が妻のことをしっかり見てあげることは、とても大切なことだと考えられました。

これから、2人が離婚を考える事なく、幸せな結婚生活を送ることに期待しています。

20代 女性

佐野史郎が体調不良で降板!代わりにお父さんが平田満に!!と驚きの展開となった第4話リコカツの感想。

1番インパクトがあったのは三石琴乃演じる水口美土里が緒原咲(北川景子)に自分の思いを明かすシーンです。話の後半になるのですが、水口武史(平田満)に対しての離婚の意思表示と態度が厳しすぎると咲に責められた際に美土里は『 35年も夫婦やってるとこれくらいハッキリ言わないと離婚出来ないの』と告げるのですが、その淡々とした言い様に重々しさが感じられます。何時もの明るい、ちょっとカワイイ上がり語尾ではなく、しっかりとした低めの喋り方が真剣さを与えてくる。正に、喋り方の力。本職故の迫力だと言わざる得ません。元々声優と言う専門職の方ですから言い回し等ダンチに上手いのですが、この切り替え方は正に圧巻。三石さんのあの話し方のお陰で美土里が如何に真剣であるかを明確に表していました。

対して、本気でズレた優しさだったのだと感じたのが、離婚が本気であると突きつけられた武史のシーンです。1人方を落として泣き崩れながら『 何でこんな事に、何で・・・』と繰り返し続ける様は可哀想。と思うほど。きっと本気で『 離婚何て口だけ。お互い自由にしているのだし、本当に好きなのは美土里だけだと分かってるハズ』と思っていたんでしょう。でも、それは勝手な思い込みで相手は本気だった。その切なさと情けなさが、あの大号泣に現れていました。しかも、男のプライドなのか咲が追いかけて来たら何でもない振りをしようとする。情けなく格好悪い姿が更に可哀想に思えて仕方がありません。

リコカツを見ていてつくづく思うのですが、男性と女性との気遣いや考え方ってほんとに違うのですね。青山貴也(高橋光臣)も元カノに笑って話しかけてくるし、緒原正(酒向芳)は奥さんの扱いが召使いか!って位の時代錯誤だと気づいてないし、それ位考え方が違っているのかと驚きます。と同時に、その違いを理解して、お互いに埋め合うのが夫婦であり、出来なきゃ離婚なのだと示された気がします。

と考えると、咲と紘一(瑛太)はまだ間に合うのでは無いでしょうか。そもそも、あ互いの事をほとんど知らずにゲームした2人。ここまですれ違っていた所も本来ならお付き合い時代に分かってくる所の筈。それなら今から知ればいい。そんな期待がしています。

20代 女性

リコカツ第4話は胸キュンシーンもあり、さらにドキドキする展開で楽しめました。

前回紘一と咲が新婚旅行から帰ってからいい感じだったのに、またしてもすれ違いにより、やはり離婚へ向かう雰囲気になっているのが切ないです。

紘一さんは元カレの青山さんと咲さんの関係を気にしているみたいですね。水口のママの誕生パーティーはいろんな方が来て楽しそうでしたが、自衛隊の同僚を呼んだことで、紘一のことを好きな一ノ瀬さんの嫉妬心がさらにふくれあがってるところが怖いです。

筑前煮とおでんをパーティーに持ってくるところもなんだかなと思いますし、勝手に寝室に入るのも常識はずれでイライラしました。

今回から水口のパパが佐野史郎さんから平田満さんに交代しましたが、ママの三石琴乃さんとのバランスを考えると佐野さんの方がしっくり来たなと思ってしまいました。

でも、平田満さんのちゃらいメガネのおじさんはなんだか新鮮です。ママも自由なパパに長年我慢し続けてきたんでしょうね。

また、ラストで家出していた緒原のお母さんが帰宅するシーンもあり、 離婚はしないのかどうか気になります。

紘一さんが咲さんを慰めるためにハグするシーンは胸キュンさせられました。

ふたりの絆が深まった気がしました。リコカツ第4話も夫婦のあり方について考えさせられる回でした。次回も楽しみです。

30代 女性

さきが、会社が、移動になったシーンは、とても驚きでした。
さきが、移動した会社の人が、みんないい人そうで、良かったと感じました。

さきが、移動した会社の同僚の人たちにお菓子をあげるシーンは、とてもいい人と感じました。

さきの元カレが、家にいたシーンは、とても驚きでした。

さきが、小説家の家に行った時、小説家が、マネジャーの前で、紙を掘り投げるシーンは、感じの悪い人と感じました。

家に帰ったさきが、母親の誕生日の事を話した時、昔のシーンを流した時、母親のみどりが、とても若くて、綺麗でした。

父親が、赤いバラと白いバラを渡すシーンもとても素敵でした。

さきが、家で、パーティーの準備をしていた時、風船の膨らます機会で吸って声を変えたシーンは、笑いました。

パーティーが、始まった時、父親が、入ってきた昔のようにバラを持ってきて、渡した時、母親のみどりは、みんなの前で、[離婚します]と言ったシーンは、とても驚きでした。

パーティーが終わった後、バラを返すシーンももったいないと感じました。

父親が、帰った後、さきが、追いかけていた時、父親が、階段の前で、泣いているシーンを見るととても可哀そうでした。
さきの服が可愛い。

40代女性

咲と紘一が前回の新婚旅行で距離を縮めて上手くいっていた矢先、家に帰るとまさかの元カレがいてあり得ない様な状況に見ていてハラハラしてしまいます。

実は咲の母親が自分の離婚について相談するために元カレを呼んでいたのですが、まさか新居に呼ぶとは凄い母親だなぁっと感じてしまいます。

リコカツ第4話では、ジム仲間がまさか奥さんの元カレだと知ってしまった紘一がモヤモヤしてしまい、本当は元カレに対して嫉妬しているのに咲に本心が言えない感じが複雑な心境に陥ってしまいます。

また、咲も紘一と本当は別れたくないのに素直になれない感じがもどかしかったです。

あと、咲が新しい部署で担当するカリスマ的存在の小説家がとにかく自己中で生意気で、これから咲が彼に振り回されそうな気がして仕方がなかったです。

そして、咲の母親が自分の誕生日パーティーを開いた時に、咲の父親がサプライズで花束を持って駆け付けたのですが、もう遅かったみたいで母親がみんなの前で離婚すると宣言してしまう感じが女性の強さを感じます。
そもそも離婚したくなかったら男性も浮気しなければ良いのにとつくづく思ってしまいます。

また、紘一の母親が家に帰って来るみたいな感じだったので、こないだまで旅館であんなに生き生き働いていたのに謎でもあります。

50代 女性

ここにテキストを入力

30代 女性

ここにテキストを入力

ドラマ「リコカツ」の動画を公式見逃し配信で無料でフル視聴する方法

このドラマの見逃し配信はParavi(パラビ)がおすすめ!

 \公式サイトで無料視聴方法をチェックする/

ドラマ「リコカツ」の動画を公式見逃し配信で無料視聴できるのはParavi(パラビ)です。

現在、初回無料のお試しキャンペーンが実施されており、2週間無料でドラマの見逃し配信が体験できます。

本日から8月13日まで無料!

「リコカツ」を見るならParaviがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

Paraviの特徴とサービス概要

料金:月額1,026円(税込み)

  • 国内ドラマなら動画配信サービス最強クラス!
  • ドラマ以外にも、映画・バラエティ・アニメなど豊富
  • 2週間無料!無料期間中の解約OK!!
  • TBS、テレビ東京、WOWOWなどのテレビ局が運営
  • 動画をスマホにダウンロードしてオフラインで見れる
  • TVでも視聴可能!

登録方法などの詳細はこちらの記事へ!

あわせて読みたい
【公式見逃し配信動画】リコカツを無料でフル視聴する方法!ドラマの再放送情報とキャスト北川景子一覧...
【公式見逃し配信動画】リコカツを無料でフル視聴する方法!ドラマの再放送情報とキャスト北川景子一覧...【公式見逃し配信動画】リコカツを無料でフル視聴する方法!ドラマの再放送情報とキャスト北川景子一覧まとめ
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる