イチケイのカラスの第1話の感想や予想ネタバレも!評価はつまらない?竹野内豊の刑事裁判官が素敵!ドラマ見逃し配信で無料フル視聴も

こちらの記事では、ドラマ「イチケイのカラス」を視聴した方の

  • ドラマ「イチケイのカラス」第1話のあらすじ
  • ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想や今後のストーリー予想
  • ドラマ「イチケイのカラス」第1話はおもしろかった?つまらなかった?などの声
  • ドラマ「イチケイのカラス」の結末予想
  • ドラマ「イチケイのカラス」第1話ネタバレ

など生の声をご紹介します。

ネタバレも含みますので、ネタバレ結末などを知りたくない方は気を付けてくださいね♪

では、いってみましょー!

\こちらの感想を読んで視聴したくなった方へ/

結論!このドラマの見逃し配信はFODプレミアムがおすすめ!

配信サービス 配信状況 無料期間・月額

fod
FOD PREMIUM


見放題 0円

2週間無料

※初回31日間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

目次

ドラマ「イチケイのカラス」第1話公式サイトの「あらすじ」ストーリーや予告動画

まず公式サイトで紹介されている第1話の「あらすじ」を紹介するよ!

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の公式あらすじストーリー

入間みちお(竹野内豊)は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部<通称:イチケイ>の刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持つみちおは、ヒゲを生やし、服装はカジュアル、とぼけた発言もしばしばという、お堅い裁判官のイメージとはほど遠いゆるい空気をまとった男だが、先入観に一切とらわれない自由な観察眼と、徹底的に調べ上げる探究心を持ち、弁護士団や検察官の双方から恐れられているクセ者だ。
そんなみちおを見守っているのは、イチケイの部長で、有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官・駒沢義男(小日向文世)と、元傍聴マニアで、みちおのファンを公言している裁判所書記官の石倉文太(新田真剣佑)。また、お人よしの主任書記官・川添博司(中村梅雀)、3つ子の母でもある姉御肌の裁判所書記官・浜谷澪(桜井ユキ)、物おじしない新人の裁判所事務官・一ノ瀬糸子(水谷果穂)も、しばしばみちおに振り回されつつ、イチケイを支えているメンバーだ。

https://www.fujitv.co.jp/ichikei/story/story01.html

ドラマ「イチケイのカラス」第1話のYouTube予告動画

ドラマ「イチケイのカラス」第1話の感想やストーリー予想やネタバレ!評価は面白い?つまらない?

では早速ドラマ「イチケイのカラス」第1話を視聴した方の感想や今後のストーリー予想、ネタバレ情報をご紹介します!

第1話の感想やネタバレ:評価は面白い?つまらない?

30代 女性

ここにあまり裁判官に焦点を当てたドラマを見たことがなかったので、初めて尽くしのドラマでした。

竹野内豊さん演じる入間みちおが普段の裁判所の法廷ではあまり見たことがないというか、ほぼないに近いレベルの裁判所の外に出て自らが検事立ち会いのもと、事実確認を行ったり、事件解決に力添えをするのは「そういう視点があるのか」と面白く感じました。

入間の自由な行動に対して、黒木華さん演じるとても真面目な坂間千鶴が「なぜ早く判決を決めてしまっても良い事件なのに、わざわざ自ら出向いて操作をするのか」と嫌悪感を抱いており、1話では「外に出向いて確かめたい入間みちお」VS「そんな必要はないと思っている坂間千鶴」の対局関係が描かれていました。

最初は外での検証は必要ではないと思っていた坂間千鶴が1話の最後の方では入間みちおに対して「このような裁判官もありかもしれない」と感じているようだったので、今後の展開としては、坂間千鶴が今はまだ入間みちおに対して厳しく、反抗的なのに対して、話数が進むにつれてどんどん心を許してきて、むしろ外できちんと自分たちも事実確認をするのを推進していくでしょう。

憂鬱な月曜日が楽しみになること間違いなしです!

20代 女性

「モーニング」の人気連載コミックが原作となり、あの竹野内豊が11年ぶりに月9に帰ってきたことで大注目のドラマです。

竹野内豊の魅力が存分に味わえます。竹野内豊演じる入間みちおは一般的にイメージされている真面目で固めの刑事裁判官とは違い一風変わった独特の刑事裁判官です。
このおちゃらけたタイプの役が竹野内豊に本当にぴったりで素晴らしいキャスティングに拍手です。

黒木華演じる同じ刑事裁判官の坂間千鶴はみちおとは真逆の正統派裁判官で、この正反対の2人の掛け合いが面白く見どころになります。裁判官であるにも関わらず、同僚を巻き込み現場まで出向き、事件の真相を納得がいくまで徹底的に調べ上げるみちおに対して、初めは納得がいかず非協力的な千鶴でしたが、時間をかけ真相を追求した結果導き出したみちおの判決に徐々に心を動かされていく様子が滑稽に表現されています。

2人の脇を固めるキャストも小日向文世や中村梅雀や新田真剣佑などの個性派俳優でこちらのキャスティングも素晴らしく安心して最後まで楽しめる作品になっています。

話のテンポもよく、無駄な描写もなく、1話でストーリーが完結しているので見終わった後もスッキリした気分になります。

20代 女性

主演が竹之内豊さんの法定ドラマです。キャストが黒木華さん、小日向文代さんと個人的に好きな出演者達だったので名前だけでまず見てみました。

漫画をドラマ化した作品のようです。最終的には初回から最終回まで続く伏線もあると思いますが、割と1話完結で見られるドラマだと思います。

法廷ドラマだと過去にも検事、弁護士などに焦点を当てて進める作品がありました。イチケイのカラスは裁判官、判事目線で話が進んでいきます。今まで見たことのない目線で、現実にはあり得ないのかもしれませんが個人的には竹之内さんのマイワールドの空気が面白いと思いました。

これからドラマの内容も面白くなっていくと思うのですがまず何よりも出演者の演技が素晴らしいです。とくに黒木華さんが最高です。おっとりした優しい雰囲気の役が多いイメージだったので作品をみてびっくりでした。

バキバキのキツい女性判事役がさすがの演技力ですっかり引き込まれてしまいました。そんな個性の強い役者達を束ねまとめる役に小日向文代さんがいたら、これはもう演技の面では期待しかありませんね。

メインキャスト以外にも素晴らしいバイプレイヤー達が出演しています。まだ1話なのでこれから本編の内容がどのように展開していくか楽しみです。にテキストを入力

30代 女性

とっても型破りというか型にハマっていない刑事裁判官の入間みちおと、そんな入間とは真逆だと言っても過言ではない、型にぴったりとハマっている刑事裁判官の坂間千鶴が、それぞれの考え方をぶつけ合いながら始まるリーガルドラマです。

生産性を上げるために第一刑事部、通称「イチケイ」にやってきた千鶴が、自由奔放に裁判をする入間の姿に苛立ちながらも、判決を出すことよりも判決を出した後の被告人の未来を考えることが大切だと思う入間に刺激を受けて、ガチガチに凝り固まった千鶴が思わず人間らしさをさらけ出すところ好きでした。

竹野内豊さん演じる主人公の入間みちおと、黒木華さん演じる坂間千鶴の性格も考え方も違う2人の絡みが、とてもテンポが良くて面白かったです。

日頃あまり触れることのない裁判の様子や、裁判官たちと検事や弁護士の関係性もわかりやすく描いてあってよかったです。

個性溢れるイチケイメンバーを演じる俳優さんたちの豪華さも見どころです。特に注目しているのが、新田真剣佑さん演じる書記官の石倉文太です。

入間の大ファンでもある石倉ですが、入間が弁護士から裁判官にスカウトされたキッカケに関わりがありそうなので、なぜ入間が裁判官になったのかを知りたい私には、とても気になる存在です。

ドラマ「イチケイのカラス」の動画を公式見逃し配信で無料でフル視聴する方法

このドラマの見逃し配信はFODプレミアムがおすすめ!

 \公式サイトで無料視聴方法をチェックする/

ドラマ「イチケイのカラス」の動画を公式見逃し配信で無料視聴できるのはFODプレミアムです。

現在、初回無料のお試しキャンペーンが実施されており、2週間無料でドラマの見逃し配信が体験できます。

 

本日から5月24日まで無料!

「イチケイのカラス」を見るならFODプレミアムがおすすめ!/
※初回2週間の無料期間中に解約すれば一切お金はかかりません

FODプレミアムの特徴とサービス概要

  • フジテレビ作品が 5000本以上見放題
  • アニメや海外ドラマなど人気作品も独占配信
  • FODオリジナル作品
  • 新作映画もレンタル可
  • 130誌以上の雑誌も読み放題

現在FODで配信中の人気作品

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる